三重の外壁塗装依頼をする上でのコツ

持ち家だけに留まらず、マンションやアパートといった賃貸物件においても築年数が15年以上を経過すると、雨などから起こる痛み箇所や外壁の剥がれなどが、目に見えて表面にあらわれるようになります。賃貸物件では内観はさることながら、外観の清潔感も重要視されます。外観を綺麗にするには、外壁塗装を専門に行なっている業者に依頼する方法が良いでしょう。三重にお住まいの方で、外壁が気になる方向けの最適な業者の見つけ方をご紹介します。数ある業者の中から選ぶ際には、実績に伴った施工前後の無料相談サポート、効率的な作業内容の実践、工期や見積金額など総合的に確認するようにしましょう。業者の中にはキャンペーンをうたい文句に、単価を上げて営業している場合もあるので注意が必要です。最近では、保証書の書面発行を行なっている業者が多くなっています。保証書があることで施工後のトラブル回避にも繋がり、安心して施工を依頼できます。

外壁塗装をしないで放置するとどうなるでしょうか

三重県在住の方で外壁塗装をしてもらおうか検討する際には、外壁の仕上げ方の種類、費用相場、色選びの際のポイントといった基礎知識を身につけるようにしましょう。外壁の仕上げ方には、最も多くの外壁塗装で使われている吹き付けタイル、リシン、スタッコ、サイディングがあります。それぞれの特徴は様々で、コスト面を安価に抑えることができるもの、耐熱性や耐震性に優れているものなど、個々の長所と短所をしっかり把握することで住宅に適した種類を選べると言えます。また選びたい塗料の耐用年数、防水性、防カビ性、見た目なども考慮することが大切です。外壁塗装は、1度施してしまうと10年前後は色の変更を行なうことは難しくなることから、色選びの際には塗装できない場所とのバランス、立地している場所の周辺環境、紫外線を通しやすいか否かなど調べておくようにしましょう。

塗装工事に適した季節に施工することで持続性が続きます

三重での塗装工事は、基本的に1年中を通して行なうことができますが、気温や湿度によっては外壁塗装に適さない時期もあるので注意が必要です。外壁塗装に向いている季節には秋や春が挙げられ、春の3月から5月に至っては最も依頼の多い繁忙期と言えます。外壁塗装の工期は、施工を行なう箇所などによって異なります。天気に左右されることも予想できることから、着工から完工までの基本となる3週間よりさらに余裕をもった日数で計画依頼すると良いでしょう。塗装の溶剤には硬化するための物質から起こる強い臭いが発生します。塗装工事中の臭いを抑えることはできないので、事前に近隣住人への声掛けも忘れないようにしましょう。なかでも小さいお子さんや高齢者がいる家庭、妊婦さんがいる家庭には特に配慮が必要です。